【7月3日】東京でシンポジウムを開催します

彦根城を世界遺産に登録する意義を、国内外において広く共有するために、東京でシンポジウムを開催します。

このシンポジウムでは、国内の歴史研究者や建築史研究者、世界遺産の専門家が集い、彦根城の世界遺産としての価値について議論を繰り広げます。

この議論によって、彦根城の顕著な普遍的価値のさらなる探求を進め、世界遺産として価値を明確にします。

 

【シンポジウム概要】

  • 名称 : 彦根城世界遺産登録推進シンポジウム『世界史における近世城郭の意義』
  • 日時 : 7月3日(日) 13時00分~16時30分
  • 会場 : 建築会館ホール(東京都港区芝五丁目26-20)
  • 主催 : 彦根城世界遺産登録推進協議会
  • 共催 : 滋賀県、彦根市、滋賀県教育委員会、彦根市教育委員会
  • 後援 : 一般社団法人 日本イコモス国内委員会、一般社団法人 日本建築学会(申請中)
  • 参加 : 無料・事前申込制(先着100名)

ウェブサイトから申込(ピーティックスへの登録が必要となります)

https://hikonejo-symposium.peatix.com/

 

<プログラム>

〇基調講演 青柳正規氏(元文化庁長官)

〇講演 母利美和氏(京都女子大学教授)

〇講演 稲葉信子氏(筑波大学名誉教授)

〇パネルディスカッション

コーディネーター 宗田好史氏(京都府立大学名誉教授)

パネリスト 岡田保良氏(国士舘大学名誉教授)、 三宅理一氏(東京理科大学客員教授)、 吉田ゆり子氏(東京外国語大学教授)

コメンテーター 稲葉信子氏、母利美和氏、鈴木地平氏(文化庁文化財調査官)

 

チラシはこちら

 

※後日、シンポジウムの内容はYouTubeで公開します。